南京虫駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7732

フリーダイヤル0800-805-7732

被害例その①

引っ越したマンションのソファに・・・!

南京虫の被害は、引っ越し先のマンションで経験しました。
仕事の関係で転勤することになり、マンションを借りることになりました。
比較的まだ新しく、清潔にされており、快適な新生活が送れると思っていました。
しかし、そのマンションに暮らし始めて3日ほどたった日の朝、起床すると何かに噛まれたような痕があり、非常に強いかゆみを覚えました。
はじめはダニかな?と思い、ベッドにしっかり掃除機をかけたりして対策をしていました。
しかし、かゆみは日に日にひどくなっていき、仕事にも集中できなくなる始末で、そのことを上司に話したところ、それは「南京虫」ではないかと言われました。
「南京虫」という虫の名前は聞いたことがなく、どんな虫かよくわからなかったのですが、上司がおっしゃるには昔の日本でも流行っていたが最近では全く見なくなったとのことで、だから知らなかったのだなぁと思いました。
とにかくこれ以上ひどくなる前になんとかしたいと考え、プロに相談してみることにしました。 業者さんが調査してくれたところでは、この南京虫が潜伏していたのは主にリビングのソファだったとのこと。
実はこのソファは引っ越す際に新しく欲しくなって買ったものなのですが、海外から取り寄せたものでした。マンション自体は新しく、清潔感もあったし、私自身も掃除が嫌いではないので、比較的綺麗にしていたのですが、海外から取り寄せたソファにもともと南京虫が潜んでいたとは思いませんでした。
業者さんに頼んでバッチリ駆除してもらいました。原因となったソファは捨てるのが一番安心といわれましたが、やはり気に入って買ったものなので、念入りに洗い、消毒し、今でもなんとか使っています。
また南京虫が発生しないように、今でも掃除は念入りにしています。