南京虫駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7732

フリーダイヤル0800-805-7732

被害例その②

本当に色々な意味で恐怖でした

南京虫は、最近までは鎮静化されていて、私共旅館関係者の中でもあまり意識していなかったものでした。
しかし、南京虫による被害が、私の勤務している旅館でいきなり発生したのです。
ある部屋に宿泊した方が、朝起きると虫に噛まれたような痕が非常に沢山できたという事件が起きました。
宿泊施設としては当然ですが、毎日シーツを取り替えて洗濯していますし、掃除も隅々までかけて清潔であることを心がけています。これまでもダニによる被害などは一度もありませんでした。すぐに別の部屋を提供し、そのときは何とかおさまりました。
しかしなぜこのようなことが突然起きてしまったのか、これはなんとかして原因を追究しなければ経営問題に関わってくるので、害虫駆除業者の方に頼んですぐに調べてもらうことにしました。

調査の結果、ダニではなく、南京虫によるものだということがわかりました。というのも、その被害が起きた部屋に以前宿泊されたお客様の中に海外からいらっしゃった方が、おそらく運んできてしまったのだろうとのことでした。部屋を調べると、この虫は押入れを棲家にしていたらしく、もしかしたら他の部屋にも広まってしまっているかもしれないということで、急遽全部屋駆除作業を行うこととなりました。
この先の経営にも関わることでしたので、迷わず駆除を申し込みました。今では再発することはなく、これまでと同じように運営が出来ています。
普段から気をつけていても持ち運ばれると予防するのはなかなか大変です。
このような南京虫による宿泊施設への被害は数件起こっているらしく、裁判沙汰になってしまったケースもあると聞いて本当に、もう二度と同じようなことが起きないように願うばかりです。